Webライターを始める前に取得すべき資格は特になし。資格よりも大事なことは?

Webライターの仕事をやってみたいという人なら、「仕事を始める前に何か資格を取っておいたほうがいいのではないか」と考えたことがあるかもしれません。

しかし、Webライターの仕事を始める前に資格を取ることは不要です。資格があると有利になることもあるのですが、それはおそらくみなさんが考えていることとは少し違います。

そこで、この記事ではWebライターの仕事に興味のある人を対象に、資格の必要性について解説します。

本当に必要なのは資格ではなく、その記事を書くうえでの条件を満たしているということです。

よく紹介されている資格はすべて不要

これからWebライターを始めようと考えている方があらかじめ資格を取ろうと考える理由は、

  • 基礎知識を身につけたい
  • 仕事を得るうえで有利になるかも

ということではないでしょうか。

Webライターになりたい人向けのサイトで以下のような資格が紹介されていることが多いですが、はっきり言ってこれらはすべて不要です。

  • ビジネス著作権検定
  • WEBライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • Webリテラシー検定

こんな資格、誰も知りませんよ。だから、試験に受かってますとアピールしてもムダなのです。

ライターとしての基本を身につけたいなら、資格を取るよりも「サグーワークス」に登録して仕事をすることを私はおすすめしています。未経験者でも登録が可能です。

サグーワークスは、いわゆるタスク型の仕事を紹介してくれるプラットフォームです。詳しくは以下の記事に書いてあるのでそちらをご覧ください。

サグーワークスは稼げる? プラチナライターが語るサグーワークスの評判

資格試験というのは実務で役立たない知識もたくさん問われますが、サグーワークスなら仕事をしながらライターとしての実践的な知識を学べます。資格を取るための勉強をしている時間があるなら、サグーワークスで今すぐに仕事を始めたほうがはるかに効率が良いです。

私もWebライターを始めたばかりで右も左も分からない状態だったとき、サグーワークスで修行しました。

Webライターになるために資格は必要ありませんが、ライターとしての最低限の「お作法」のようなものは知っている必要があります。サグーワークスで仕事をしていると、それが学べるのです。

MEMO
「お作法」とは、数字は原則として半角にする、同じ意味を持つ複数の単語を1つの記事内で使用しない(表記ゆれ)といった基本的な知識のことです。

マネー関連の記事を書きたいならFP資格があると有利。ただし……

仕事を取るうえで役立つ可能性のある資格として代表的なのは、私も持っているFP(ファイナンシャルプランナー)資格です。ここで言うFP資格は2級以上で、3級ではダメです。

マネー関連の記事はFP資格を求められることが多いので、マネー関連の案件を探している人なら一度は資格の取得を考えたことがあるかもしれません。

しかし、単に資格を持っていればOKというわけではなく、FPとしての活動経験を求められることが多いです。また、実名・顔出しができることも条件になりやすいです。そのため、資格を持っているだけでは応募できても採用されない可能性が高いです。

多くの案件において、仕事を取るうえで有利になるのは「資格」ではなく「条件」です。条件とは、あなたがその仕事をこなすのに合った属性を持っているかどうかということです。たとえば以下のようなことです。

  • 女性専用の脱毛サロンの体験談なら、若い女性でサロンを利用した経験がある人
  • 猫の飼育に関する記事なら、猫を飼っている人
  • 自由の女神に関する観光案内の記事なら、実際に行ったことがある人
  • 光回線に関する記事なら、代理店で働いた経験のある人

要するに、その記事を書くのにふさわしい人というのがいるわけです。その条件を満たしているなら資格がなくても採用されます。

そのため、自分の書きたい記事を書くためにどんな条件を満たしていれば採用されやすいかを考えてください。その条件が資格であればもちろん、その資格を取得したほうが良いということになります。

SEOライティングの知識があると有利

これは資格ではありませんが、Webライターの記事はWebサイトに掲載されるのものなので、SEOライティングの知識があると有利になります。

SEOライティングとは、検索エンジンでキーワードを入力して検索したときに、上位表示されやすい条件を備えた記事を書くということです。具体的には以下のようなことです。

  • 記事のタイトルは原則、32文字以内
  • 記事タイトルや見出しにはキーワードを入れ、なるべく左に寄せる
  • 狙うキーワードを記事の中で適度に散りばめる
  • 検索意図を考慮して記事を書く

おそらく、ブログを書いた経験やサイト運営の経験をしたことがなければ、何を言っているのかさっぱり分からないのではないでしょうか。

特にクライアントさんがアフィリエイターの場合、SEOライティングの基本的な知識を求められることが多いです。具体的な記事の書き方はクライアントさんごとに違いがありますが、少なくとも基本を知らない人は採用されにくいでしょう。

SEOライティングについて身につけるには、自身でブログの運営をするのがベストです。ブログはなるべくWordPressを利用して、少しずつ勉強してください。

おわりに

資格というのは基礎知識を身につけるうえで役立つこともよくあるので、それ自体の効用を否定するつもりは全くありません。

ただ、Webライターになるうえで「この資格を取っておいたほうがいい」というものは皆無だというのが正直なところです。

どんな条件が求められるかというのは、ランサーズやクラウドワークスで実際の募集を眺めていれば何となく分かってきます。そのためまずはこれらに登録し、実際に仕事をするつもりになって案件をたくさん眺めてみてください。

誰でも始められるのがWebライターの良いところです。資格は必須要件ではありません!