Webライターの文字単価の相場について、フリーライターがわかりやすく解説

Webライターとしてある程度、仕事をするようになると「自分が取り組んでいる仕事の単価は妥当なのか?」という点が気になるはずです。

特に1円台の仕事をしていると、「こんな安い単価で引き受けていていいのだろうか」と思うのではないでしょうか。

そこで、この記事ではWebライターの初心者や経験が浅い人に向けて、Webライターの文字単価の相場について解説します。

相場観を知っておくと、モヤモヤせず仕事ができるはずです。

Webライターの相場の区分

Webライターの仕事の料金は「文字単価」と「記事単価」の2種類がありますが、大半は「文字単価」で依頼されます。

ランサーズやクラウドワークスのプロジェクト案件で受注する仕事の文字単価は、おおむね以下のような区分になります。

文字単価0.5円未満

基本的によほどのことがない限り、0.5円未満の案件は避けたほうが良いです。初心者で実績がゼロだったとしても、なるべく0.5円以上の案件から応募しましょう。

0.5円未満の仕事はまともなサイトに掲載する記事ではありません。単にこき使われて終わる可能性が高く、低品質な記事でもOKが出るので成長にもつながらない可能性が高いです。

文字単価0.5円~0.9円

初心者でも1円以上の案件で始めるべきという意見もありますが、私は本業でライティングの経験がない場合や、よほど文章を書くのが得意(自称ではなく他人から褒められるレベル)でなければここからスタートすべきだと考えています。

1円未満の案件ならクライアントさんもライターにそれほど期待していないので、納期を守ってそこそこの記事を書いていれば十分、評価されるはずです。

1円未満の仕事でも量を書くのは決してラクではないので、まずはこの価格帯で十分な経験を積むのがおすすめです。

文字単価1円~1.9円

クラウドソーシングではこの価格帯の仕事が最も多いでしょう。「1円ライター」などと揶揄されますが、決してラクな仕事ばかりではありません。初心者ライターなら1円でも大変なはずです。

大事なことは「1円ライター」というネガティブな言葉に影響されて、甘くみて取り組まないことです。5000文字の案件なら、クライアントさんはその1記事だけで5000円も支払うのだということをよく考えてください。

文字単価2円以上

クラウドソーシングでは、2円以上で募集をしている案件はかなり少ないです。全体の1割程度でしょうか。3円になるとさらに減ります。

とはいえ、実際の仕事で2円以上の仕事が存在していないというわけでは決してなく、単にスタートの段階で2円以上の仕事が少ないというだけです。

直接依頼なら3円以上の単価も

フリーライター歴1年半の私が過去に行った仕事で、最も単価が高い仕事が1文字6円弱(ランサーズ手数料込み、消費税別)です。テーマはクレジットカードです。業界未経験で、ほぼネットのリサーチのみで書いているので誰でもできる仕事と言えます。

ライターサロンで聞いた話の中で、最も高い単価は1文字10円でした。ジャンルは金融系ですが、この方は証券業界で働いた経験があるようでした。

また、そのサロンの運営者は1文字7円から依頼を請けているとのことですが、プロフィールから入る問い合わせはそれ以下の単価で相談が来ることが多いと話していたように記憶しています。

おそらく、Webライターの仕事ならこのくらいが上限になるのではないかと思います。これよりも高い単価になる仕事もあるかもしれませんが、それにはかなりの実績や貴重な経験、スキルがなければ難しいでしょう。

取材ライティングの相場

Webライティングではなく取材を伴う記事の場合はどうでしょうか。

取材をするには現場に出向いてインタビューする必要がありますので、もちろん文字数が同じでも同じ単価ではありません。

私は取材未経験なので伝聞になりますが、取材ライターセミナーで聞いた話によれば、1500文字程度の記事1本で2万円程度(工数はトータルで1日くらい)とのことでした。

単純計算なら1文字あたり約13円ですが、経費込みでこの価格ならWebライターの仕事とそう変わらない気がします。

また、医療・健康系の取材ライターセミナーでは1文字10~15円くらいという話も聞いています(これはちょっと安すぎるので、もしかしたら聞き間違いかもしれません)。

取材の仕事はWebライターの仕事よりも単価が高いかもしれませんが、本数を確保しにくいというデメリットがあるので注意が必要です。

単価は交渉すれば上がる?

Twitterで検索すると、「単価交渉はどんどんすべき」「単価交渉ができて一人前」のような話も見かけますが、単価交渉については考え方が人それぞれのようです。

こんな意見もあるので、安易な単価交渉は注意が必要です。

ライターサロンの中で、単価交渉をしたら1円から2円に上がったという話も聞いたことがありますが、私は基本的に単価交渉はしません。

個人的には、ライターとしての力量が足りていない人ほど単価交渉をしたがっている印象があります。

単価に不満ならその仕事を終えて他の仕事を探せばいいだけですが、新しい仕事を見つけるのは面倒なので、今のクライアントさんからもう少し搾り取ろうとしているのでしょうか。

私は単価交渉の経験がほとんどないのでノウハウについては語りませんが、もともと文字単価が低いクライアントさんは、単価が上がりにくいのではないかと思います。

お金というのは払えるところからいただくのが基本です。良いクライアントさんと出会えるかどうかは運なので、単価交渉よりも、経験の浅いうちは数多くのクライアントさんとの取引を経験するのがおすすめです。

おわりに

ライター1年目~3年目くらいの間は単価交渉など考えず、いかに自分の文章の質を高めるかということに注力すべきです。単価交渉よりも、身の程を知るのが先です。

私は専業ライターになって毎月5万文字くらいを書き続けているうちにずいぶんレベルアップしたと感じています(あくまで過去の自分と比較しての話ですが)。

報酬を増やしたければ単価交渉ではなく、書く速度を上げるほうに意識を向けるのがおすすめです。単価1円の仕事でも、倍の速度で書ければ2円の仕事と同じになります。

2円の仕事よりも1円の仕事のほうが多く求められるスキルも低いのですから、速度を上げるほうが報酬アップにつながりやすいですよ。早く書けるようになると得なのは間違いないので、単価を上げるよりもまず、早く書けるようになることを目指すことをおすすめします。